前へ
次へ

信頼できる業者と土地活用を検討

売却することで買主にとって、様々な土地活用が期待できます。
例えば、隣人が買主であれば、どんな活用術があるのでしょうか。
もともと、隣人が所有している不動産(建物・土地)の隣の不動産も購入することになります。
そこに、自分の親族を住まわせるという活用法もあります。
建物を取り壊して更地にした状態で購入したのなら、もともと隣人が所有している建物を更地の部分にまで広げて、増改築したり、庭を作ったり、ドッグランを作ることだって可能です。
土地活用には、専門家に依頼することになります。
それは、購入や売却、賃貸や賃借など、ほとんどの人にとって日常的なことではないからです。
不動産取引を専門に扱う宅建業者に仲介を依頼するのが通常の流れです。
狭小地であれ、大金が動く取引ですから、大手業者を活用しましょう。
長年にわたり培ってきた独自のルートに強みがあります。
大々的な宣伝を行ってくれるので、売買や賃貸借などの不動産取引の当事者を早々と見つけてくれます。

紹介物件に関する詳細情報も掲載されています
建物の面積などだけでなく、用途地域や駐車スペース等の記載もあるため自分たちの目的に合う物件かチェックできます。

棟方志功 作品
女人観世音板画巻についてお届けしております

マーベリック英会話
お子さんから大人までレベル・目的別に対応した英語レッスンをプロッフェショナルな講師により楽しく受講することができます。

部分のさびから全体までホーロー浴槽さび修理お任せください
リビングワークスがお風呂の錆を完全修復いたします

また、地域に密着した不動産業者を選択するのも有効なことを知っておきましょう。
その地域の事情に詳しく、長年経営しています。
土地活用についての相談にも親身に対応してもらえるのが多いのも地域密着型です。
選定の際には、免許番号の数字に着目しましょう。
業歴20年以上なら5の数字であり、それだけ経営面での信頼性もあります。
質問に的確に答えてもらえる、価格をいたずらに下げようとしない、そうした信頼性が得られることが多いようです。
土地活用を検討してみることが大事ですが、自らが活用するだけでなく、活用してもらう相手が見つからないこともなきにしもあらずです。
その場合には、自ら活用する方向で話し合うことになります。
土地の上に建物があるなら解体しなければなりませんが、所有者全員の同意が必要になる場合もあります。
ですから、所有者の間で活用法について合意しておけば、トラブル防止にも繋がるのです。

Page Top