前へ
次へ

田舎における土地活用を考える

都会における土地活用の方法はいろいろと考えることも可能ですが、人口が減って行くような田舎の街での土地活用は非常に難しいものとなっています。
田舎の風景を考えると空き地が一杯あり、駐車場を作っても利用する人が少ないなど収益を見込むことが難しい場所が多いことも、土地活用の難しさを物語っています。
更には空き地が多い上に土地を購入するにしても少額で済むことが多く、わざわざ借りるより買った方が早いと言うことが現実です。
そのため田舎の土地は貸すと言うことは至難の技となることが多く、宝の持ち腐れとなってしまうことにもなりかねません。
そんな田舎の土地でも利用出来るようになって来たことに、太陽光発電と市民農園があります。
200㎡ほどの土地があり、日照時間を確保出来る場所ならば良い土地活用になります。
また高齢化から退職者が多くなり、趣味で農家をしたいと言う人も増え、市民農園として貸し出す余地も増えて来ています。

Page Top