前へ
次へ

土地活用として賃貸併用住宅に

土地活用の一つとして賃貸併用住宅にするということがあります。
これは一体どんなものであるのか、といえば自宅とアパートを一つにまとめた建物であり、割と作りやすいことでも有名です。
自宅とアパートを併用していることになりますから、自宅だけでは極端に広いが、だからといって大きなマンションを建てるほどではない、というような土地に非常にメリットがある土地活用の方法であるといえるでしょう。
大よそ、土地の広さが200平米を超えているのであれば賃貸併用住宅にして、戸数を増やすことによって固定資産税などもかなり下げることができるようになります。
自宅の住宅ローンの一部を家賃収入で返済できることも期待できますから、大きなメリットとなるでしょう。
しかし、空室率だけは気をつけないといけないことになります。
その土地にしっかりと借りたいという需要があるかどうかというのを見極めて実行することが重要です。
自宅で広さが余っているから、という理由ではやらないことです。

Page Top